エステで活用できるクーリングオフ制度ただし条件がある

エステなどでのトラブルの中には、契約に関する事も少なくありません。
クーリングオフ制度を利用すると大丈夫と思っている方も多いですが、これにはいくつか条件があります。

エステのメニューの中には、いろいろな種類がありますが、脱毛などは特にトラブルに巻き込まれやすいです。
というのも、本人としては一か所の脱毛を希望して行ったのに、エステ側から勧誘されて、高いメニューの契約をさせられる場合があります。
その時はなんとなく良い返事をしたけれど、帰宅後に気が変わるということもありです。

そんな時、慌てて契約を破棄したいという時、クーリングオフ制度を利用することができます。
その時の条件は、1ヶ月以上の契約期間、契約金額が5万円以上です。
このような高額な契約の場合飲み、契約から8日以内であれば、クーリングオフで契約を無効にすることができます。

ハガキに契約解除の旨を書き、契約年月日、商品名、契約金額、販売会社、担当者などを書いて、特定記録郵便、内容証明郵便などで郵送します。
クーリングオフ制度は、一方的な契約解除ができる便利な方法です。
理由は問われることなく、エステ側は必ず従わなければならないことになっています。

ただし、8日以内というのは絶対に守らなければならないとされていますし、クーリングオフが出来ない場合もありますから、注意が必要です。
脱毛等のメニューは、勧誘されるままにいい加減な返事をしていると高額な施術になることもありますから、契約時には慎重になると同時に勧誘には乗らないことです。