脱毛施術後の異常最初に行うことは医師の診断

エステでの脱毛の際に、トラブルとしては、炎症が起きたり、痛みが走ることがあります。
施術中で起こった場合は、必ずその場で伝えることです。

しかし、炎症などは、少し時間が経ってから起こることもあります。
こんな時、最初に行うのは病院に行き、診察をしてもらって、脱毛との因果関係をハッキリとさせることです。
全く関係がない時にはそのままですが、もしエステの施術が原因として考えられる場合は、エステに、「このような症状が出て医師に相談をしました」と伝えてください。
この時に、怒鳴ったり、高飛車な態度は厳禁です。

最初のカウンセリングの時にトラブルについての説明はあったはずですが、脱毛をしたからこうなった等の言いがかりをつけるような態度はしないことです。
施術後の症状で気になったから医師に相談をした、と言った時点で、エステ側の対応を待ちましょう。
その時に賠償金が欲しいのか、誠意ある謝罪がいいのかはあなた次第です。
納得の行く話し合いをすることです。

その時には自信がなければ、弁護士等がいても良いですが、親等に相談をして、同席するのも良いでしょう。
とにかく医師のしっかりとした診断が必要です。
何の謝罪もない場合は、消費者センター等に相談をしてみてください。
その後は、いたずらに冷やかすことなく、エステの出方を待つだけです。
こんなことはよくあることで、エステとしていろいろ難癖をつけてくることもあります。
しかし、怯むことなく、誠意ある対応をすることで、トラブル対処をしてください。