デリケートゾーン臭いと膣内環境の悪化は深い関係がある

デリケートゾーンの臭いと関係するのが膣内環境です。
膣内は、必ず菌があります。
これは大腸でいう善玉菌のようなもので、程よいバランスが整っています。

この膣内環境が悪くなってしまう原因として
・強い刺激の石鹸
・清潔すぎる環境(シート)
・熱いお風呂
・プールに入ることが多い
・下着を変えない
などです。

女性器は、自分が持つ菌を中心に良い環境になっています。
そこににおいを発生する菌が付着することで、環境が悪くなります。

洗う時に刺激の強い石鹸や抗菌剤のあるシートは、自分の菌も落としてしまいます。
そこに下着などに付着している菌が、膣入り口に付着することで、菌が増殖してしまいます。
そして、正直不衛生な下着は、増殖を助長してしまうのです。

性行為の後、彼氏にくせぇと言われたりしないようにするためにも、婦人科の病気予防のためにもデリケートゾーンの悪い臭いがあるときには、膣内環境を良くしていきましょう。
デリケートゾーンのにおいは病気?を解決!
対策方法として、病院に行くのも良しですが、デリケートゾーン専用の石鹸で洗浄していくのが良いかもしれません。
市販薬に関しては、ひょっとしたら臭いがなくならず、他の原因であることも考えられます。
そうなった場合は、婦人科受診が良いです。

体臭がきつい、腋臭がある、喫煙者である、親が腋臭の場合は、デリケートゾーンの臭いは、それらのことが原因であることも考えられます。
いずれも基本としては、清潔第一です。
デリケートゾーン臭いが絶対に病気ということはないですから、膣内環境が悪いと認識することが大切かもしれません。